本社製材工場|徳地から始まる材木の道

HOME > 本社製材工場 > 徳地から始まる材木の道


佐山事業所の製材事業

約800年前。東大寺再建の任に就いた重源は用材を求め全国の森の情報を集めた末、「徳地」にたどり着きました。
当時、徳地から奈良に送られた用材は、桧を中心に杉や松を合わせて約1000本にものぼりました。切り出しから運送までを村人総出で行いましたが、大量の立派な巨木を山から降ろし、奈良まで運ぶのには、大変な労力を要しました。重源は、中国で学んだ最先端の土木技術を駆使して木材を降ろし、筏を組んで瀬戸内海を渡るという方法で、用材を送り届けました。こうして、徳地の森で生まれた貴重な巨木が、世界的な木造建築に生まれ変わり、東大寺再建を叶えることが出来たのです。

  

住友林業 山口支店 特選仕様 「住友林業㈱ 山口支店 特選仕様「徳地檜で建てる家」」

TEL 0835-56-5010 (製材)
FAX 0835-56-1005
〒747-0344 山口市徳地八坂700番地
受付時間 平日8:00〜17:00(第1 、3土曜日)
Copyright(c) 2007-2013 山口県の大林産業株式会社  site. All Rights Reserved